その他防水
シーリング防水って?
色々なパーツから出来ている建物。温度や湿度、地震や風圧などでそれぞれが伸びたり縮んだり、たわんだりします。
その動きに対応できるように、継ぎ目には少し隙間(目地と言います)を作っているんです。
でもそのままだとそこから雨水などが侵入してしまいますよね? その目地を「シーリング材」で埋める事で防水する方法です。 シーリング材には2つのタイプがあります 色々な成分のシーリング材があります
補修工法
■ よく見られる補修事例
・鉄筋コンクリ造での内部鉄筋が錆びた事で起きる鉄筋爆裂。
・地震などの外的影響や日々の温度変化、外壁材自体の劣化など様々な事が原因となって起こる壁のヒビ割れ・はがれ落ち・浮き上がり
・外壁材の目地、窓廻りなどを埋めているシーリングの劣化。

◎症状に合った補修工法で水の浸入を防ぎます。
内部鉄筋サビ補修 シール工法 ピンニング工法
ページ先頭へ戻る